アスペルガー症候群とは

スポンサードリンク

アスペルガー症候群とは、知的障害学習障害(LD)と同じように発達障害の部類に属するもので一つの自閉症になります。当初、
非常に稀な障害とされていましたが、最近の研究報告では実は200〜300人に一人は存在していることが分かってきています。

アスペルガー症候群は「高機能自閉症」とも呼ばれています。これは知的に遅れのある人(言語発達や認知なども含む)は、ほとんどのケースでおりませんので「知的障害がない自閉症」とも言われているものです。 アスペルガー症候群の人のことを、高い知能は有しているが社交的な能力がほとんど無い、といったように考える人たちも存在します。

アスペルガー症候群の原因
は、どのような理由か分かりませんが出産時か出生後の間もないときに脳の一部に障害が生じることによりアスペルガー症候群になるのだろうと考えられており、決して親の育て方に問題があるということではないとも考えられてもおります。




アスペルガー症候群の病状は、社会性、コミュニケーション、想像力

アスペルガー症候群の病状症状)は大きく3つに分けられます。
その特徴は「社会性」、「コミュニケーション」、「想像力」です。

社会性とは、他の人と一緒の際には、どうゆうふうに振る舞えばいいのか。
コミュニケーションとは、自分の思うことなどをどのように相手に伝えればいいのか、また相手の言いたい内容を
どのように理解するのか。 想像力とは、想像力が欠如してしまっているので「見立てて遊ぶ」ことや、
「私がXXだったら」といった「ふり遊び」が異常に少なく、融通の利かない状態がよく出ます。

融通の利かない状態は反復的な行動や物を集めるコレクションなどとして出てきます。

SPONSORED LINK


アスペルガー症候群であった有名人

アスペルガー症候群であったと言われております有名人も多数おります。エジソン(発明家のトーマス・エジソンですね)や
アインシュタイン(相対性理論のアルバート・アインシュタインですね)、そしてビル・ゲイツ(マイクロソフト・・・分かるか・・)も
そうだと言われていますね。

日本では、織田信長アスペルガー症候群であったのではと考えられています。


SPONSORED LINK